六十九プランニング

デザインでビジネスをサポート。

良質な「デザイン」は強力な「ビジネスツール」になり得ます。

初めてあった人があなたに抱く「印象」の大きな要素はなんでしょう?それは「外見」です。どんなに中身が優れていても、第一印象は見た目に大きく左右されてしまいます。顔・髪型・体格やファッションのジャンル。企業や商品のイメージも同じことです。名刺のような小さな営業ツールでも、そのデザインで人は値踏みします。つまり、企業や商品に「好印象」を抱いてもらうためには、ビジネスツールのデザインが非常に大事になるという事です。六十九プランニングでは、販促・広報はもちろん企画書やメールの署名など様々なビジネスツールのデザインやアドバイスで皆様の業務をサポートをいたします。

レスポンシブサイト

ソーシャルメディア

ビジネスツール

カタログ・パンフレット


どんな業種・製品でもイメージはとても重要です。

いわゆる「B to B(企業間取引)」を主な業態としている企業は、HP・製品カタログ等の営業ツールにデザイン性を重視しない傾向にあります。売り込む相手はプロであるので、デザイン性は必要がないと。しかし、相手がプロであろうと素人であろうと、トップページ・表紙に目が留まらないHPやカタログの次のページを観てもらえるでしょうか?言葉が羅列されただけのメッセージを最後まで読んでもらえるでしょうか?どんな商材であれデザイン性は決して営業の邪魔はしません。また、逆に言えばデザインこそが競合他社 との差をつける手段にもなり得ます。

弊社制作HP参考例


コストを掛けない簡単な動画でも訴求力は向上します。

動画はHP閲覧者に、より直接的に情報を発信できるアイテムです。しかし、プロの制作会社に撮影・BGM・ナレーション・テロップなどを依頼すると高額の制作費が発生してしまいます。本当に必要でしょうか?参考動画は水分測定器のデモ風景です。音楽も何もなく無機質ですが、HP上では画像や文章などと併記して情報を補填しているので、普通のデジカメで撮影した動画でも十分役割を果たします。アイデアとデザイン性でコストを掛けなくても十分情報は発信できます。

世の中には様々なホームページや会社案内・カタログがあります。では、そのなかで記憶に残るような「印象」があるものはどれ程あるでしょうか?数あるそれらの中から、内容をみてもらう為の「印象」。六十九プランニングではこれが最も重要だと考えます。ホームページはもちろん、会社案内・カタログなど営業ツールにしても、表紙から内容に進んでもらうためには興味をもってもらう必要があります。六十九プランニングはその「興味」をそそる「印象」を創ることを第一に心がけ、営業のサポートになるデザインをご提案させていただきます。
会社名

六十九プランニング(ロクジュウキュウプランニング)

業務内容

◎HP制作・管理 ◎WEBサービス全般の提案 ◎カタログ等販売促進ツールの作成・提案 ◎名刺等ビジネスツールの作成・提案 ◎企画書等の作成・提案 他 広報全般のコンサルティング

代表者

直原泰三

住所

〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-8-5

電話

090-8742-3202